NEWS

ニュース

日本精機株式会社との「にいがた活性パートナー」契約締結記者会見

2021.06.28スポンサー

いつもアルビレックス新潟レディースに温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
本日、6月28日(月)、日本精機株式会社さまとの「にいがた活性パートナー」契約締結会見が行われ、日本精機株式会社 佐藤浩一代表取締役社長、株式会社アルビレックス新潟レディース山本英明代表取締役社長、三浦紗津紀選手が出席しました。

日本精機さまは、WEリーグが掲げる理念にも通ずる女性活躍や多様性の尊重など本格的に取り組めはじめ、株式会社アルビレックス新潟レディースと新たな一歩を踏み出しました。佐藤社長より、「『地元新潟で一生懸命に活躍し、世界へ羽ばたいく、羽ばたいていってほしい』という意味では、日本精機が歩んできた道と(アルビレックス新潟レディースが)重なる部分が多いと感じております」と今回のパートナーシップを結ぶにあたってのお言葉をいただきました。

山本社長からは「この度、日本精機さまとこのような大きなご縁をいただけたこと心より感謝申し上げます。にいがた活性パートナーは、スポーツ振興を通じて、地位貢献活動を主に新潟を元気にしていくことを命題としております。本日、同席している三浦選手もサッカーをするきっかけがございました。将来、サッカー選手を目指す子どもたちのきっかけが、先々で開催します日本精機さまとのサッカー教室になるかもしれません。サッカーだけでなく、頑張りたいという思う活動のきっかけが日本精機さまとの地域貢献活動になれれば、日本精機さまとのパートナーシップは非常に大きな一歩となるはずです。これからWEリーグ(プロリーグ)がスタートしますが、未来ある子どもたちや新潟を元気づけられるよう、日本精機さまと一緒に歩ませていただきたいと存じます。日本精機さま、日本精機グループのみなさまどうぞよろしくお願いいたします」と、御礼とともにクラブの想いと今後の展望が述べられました。

選手を代表して登壇した三浦紗津紀選手より「にいがた活性パートナーとして、ご支援いただけることに感謝の気持ちと嬉しい気持ちでおります。新潟、長岡を代表する日本精機さまと一緒にサッカー教室などの活動ができることを楽しみしております。また、WEリーグは女性活躍を理念としておりますし、地域貢献活動への参加は、日頃から応援いただける地域の皆様へ選手としてできる恩返しであると思います。日本精機さまと一緒に歩んでいきたいです、一緒に頑張りましょう!」と感謝と意気込みが述べられました。
 
また、本日の会見では、新型ウイルス禍における新たな取り組みとして開発された「Telepre/ テレプレ 」の実演を行いました。
三浦選手からも「Telepre/テレプレは、本当に会っているような感覚で話ができましたし、今後、色々な方々とのコミュニケーションを取れるツールとして使わせていただたらなと思います」というコメントをいただきました。

今後、「Telepre/ テレプレ 」は選手と記者の会見やファン・サポーター との交流に活用していくことや同じく開発品の「CO2Lamp」 をロッカールーム等 に設置することで、安心・安全な環境づくり を 提供 するといったサポートもいただきます。
 

6月16日が三浦選手の誕生日ということもあり、サプライズでの誕生日ケーキもいただきました。
 日本精機さま、本日は素晴らしい会見の場をご用意いただき、本当にありがとうございました!
 
※ 日本精機さまホームページでのにいがた活性パートナー契約締結発表ニュースリリースは こちら