NEWS

ニュース

WEリーグ入会にあたってのクラブコメントおよび記者会見映像掲載のお知らせ

2020.10.16クラブ


いつもアルビレックス新潟レディースに温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
昨日10月15日(木)に当クラブのWEリーグ入会決定が発表されたことを受け、クラブコメントおよび本日16日(金)に開催されました記者会見映像を、下記の通りご案内申し上げます。
 
■山本 英明 代表取締役社長コメント 
世界に伍するビジョンを掲げる日本初の女子プロサッカーリーグ“WEリーグ”に新潟を代表して臨めることを、大変嬉しく光栄に存じます。
これもひとえに、今日までクラブを支え応援いただいたサポーターの皆さま、株主・スポンサー・パートナー・選手雇用受入先の皆さま、サッカー協会をはじめとする県内サッカー関係者の皆さま、自治体・学校関係の皆さま、試合運営ボランティアの皆さま、そして愛を持っての全身全霊でクラブづくりに関わってくださった歴代の選手スタッフ社員の皆さまのお力添えの賜物と、深く感謝申し上げます。
 
さて、今般のWEリーグ参入決定の段、安堵するとともに新潟の女子サッカー、ひいては日本女子サッカーを盛り立て、牽引する責任の重さも感じています。
当クラブは、Jリーグ・アルビレックス新潟が掲げる「ひとづくり」「まちづくり」「豊かなスポーツ文化の創造」という地域密着型クラブ運営の理念に加えて、選手が現役中も引退後のセカンドキャリアにおいても『社会で活躍し貢献できる人財の育成』に、選手雇用受入先をはじめ関係各方面からのサポートも賜りながら努めて参りました。
これからその必要性や重要性がますます強まる中、来たる新しいステージでも、新潟の選手スタッフたちがキラキラと輝ける存在として躍動し、WEリーグの理念と地域活性を実現していける模範的なクラブとなるべく精進して参ります。
ピッチの上では互いに切磋琢磨しつつ、オフザピッチではリーグとパートナー、クラブそして 関わるすべての皆さまと協創(共創)し、素晴らしい世界を築いていきたいと考えています。
 
未来ある子どもたち、少女たちにとって、地域にとって、日本女子サッカー界にとって愛され、必要とされる存在になるため、精一杯努力して参りますので、引き続きアルビレックス新潟レディースへの温かいご支援と応援をよろしくお願い申し上げます。

 
 
■記者会見映像