NEWS

ニュース

西脇道夫聖籠町長を表敬訪問

2020.07.14ホームタウン

本日7月14日、アルビレックス新潟レディース山本英明社長と奥山達之監督が聖籠町の西脇道夫町長および髙松光志副町長を訪ね、リーグ開幕の報告と日頃のホームタウンとしてのサポートの御礼を兼ねて、挨拶に伺いました。
聖籠町には、ホームタウンとして日々の活動を行わさせていただいている以外にも、長年雇用受入れ先としてもクラブをサポートしてくださっていました。今週末から試合が開催されることについて、西脇町長より「無事に開催されることになってよかったですね。新聞でサッカーなどスポーツの情報が掲載されるようになると、元気をもらえます。ぜひ頑張ってください」とねぎらいの言葉をいただき、奥山監督からは、これまでの活動休止期間のことやチームの現状について、お伝えさせていただきました。
 
また、今回、聖籠町からはクラウドファンディングを利用した栄養サポートを企画していただいており、多くの皆様からのご支援をいただいております。西脇町長からは「これまで継続してきているホームタウンでの活動において大変お世話になっているので、こういう時に何かの形でお返しができればと、企画しました」とお話いただき、「皆さんが元気に活動・活躍することによって、私たちも元気をもらえますので、レディースの活躍を町として応援できるようになれればと思っています」と勇気づけられるお言葉をいただきました。

 
皆様からのご支援への感謝の気持ちを胸に、今週末開幕するリーグ戦にチーム一丸となって戦ってまいります。また、有観客試合の開催は8月1日からになります。感染対策に留意しながら、安心・安全な試合運営を実施していきますので、ぜひ会場へ足を運んでいただき、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
 
『聖籠町によるクラウドファンディング』詳細はこちら