NEWS

ニュース

新年のご挨拶

2020.01.01クラブ

 
新年あけましておめでとうございます。
 日頃よりアルビレックス新潟レディースを応援してくださっているファン・サポーター、株主・スポンサー・パートナー企業の皆さま、地元自治体や学校・サッカー関係者、運営ボランティアやレディースサポートメンバーの皆さまには、謹んで新年のお慶びを申し上げます。そして、旧年中も多大なるご支援とご声援、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 
 さて、2019年はアルビレディースにとって大きな変革のスタート年でした。アルビレックス新潟の女子部門として2002年から活動していたチームを分社独立化し、皆さまからのご厚志や資本を女子サッカーの発展に注ぎ、enjoy football!のスローガン のもと、強化育成と普及活動、営業事業拡大に選手・スタッフ・フロント職員が正にOne teamで取り組んで参りました。
 Jリーグやプロ野球と比して人気も認知度も低く、興行・集客面ではまだまだ苦労していますが、たくさんのご支援とご協力、そして温かい激励のお蔭さまで様々なチャレンジを積み重ねられ、確実に成長することができました。一方、戦績面では「2019プレナスなでしこ1部リーグ」で10クラブ中6位と満足のいく結果ではなく、皇后杯も含めて皆さまのご期待に応えられませんでした。しかし、選手・スタッフはシーズンを通して真摯にひたむきに取り組み、理解を深め合いながら戦力の底上げを図り、飛躍するための土台づくりが進んでいる手応えも感じられた一年でした。
 
 今年2020年は東京五輪でのなでしこジャパンの活躍、2021年プロリーグ創設に向けた準備、2023W杯の日本招致活動など女子サッカー界が注目される機会がたくさんあります。アルビレックス新潟レディースも悲願のタイトル獲得へ一丸となって臨み、県内はもとより全国から注目を浴びて未来ある子どもたちの憧れの存在となれるよう、そしてピッチ内外で皆さまに恩返しができるよう、誠意と努力で成果にこだわり邁進して参る所存です。
 皆さまにおかれましては、本年も引き続きクラブの成長にお力添えを賜りますとともに、一緒に『女子サッカーを「みる」「する」「支える」文化』の醸成と応援の輪を広げていただけますと幸いです。
 そして、来る女子プロリーグ参入もオール新潟で勝ち取れるよう、一体となっての後押しもよろしくお願い申し上げます。
 
 筆末に、皆さまのご健康とご多幸、そして実り多き一年となりますことを心より祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。

2020年 元旦
株式会社アルビレックス新潟レディース
代表取締役社長 山本 英明

 

ニュース一覧へ戻る