NEWS

ニュース

4月27日(土)日テレ・ベレーザ戦 マッチプレビュー

2019.04.27ホームゲーム


アルビレックス新潟レディースは明日 427日(土)、新発田市五十公野公園陸上競技場に日テレ・ベレーザを迎える。前節は敵地浦和で敗戦の苦さを噛みしめた新潟。今回は首位との対決だが、戦いを恐れている選手は誰一人いない。先発を続け、チームの攻撃をけん引する MF園田瑞貴も「いつも以上に気持ちが入る。上手い相手を倒したい」と頼もしく話してくれた。ここでの勝利が、流れを手繰り寄せるきっかけとなるはずだ。
 
 

各ポジションに代表クラスの選手をズラリと並べる日テレ。流れるようなパスワークと、高い個人技を織り交ぜたサッカーで、ここまでリーグ戦 31分と圧倒的な力を見せている。中盤でタクトを振るうのが、 MF長谷川唯と MF籾木結花。簡単にスペースを与えてしまえば、多彩な攻撃を仕掛けてくるだろう。スキなく試合を運んでいくためには、守備でのハードワークが生命線となる。
 
 

ボールホルダーへのプレッシャーも激しい相手だが、「人数を掛けて奪いに来れば、必ずどこかが空く。穴を見つけて、チャンスをつくりたい。自分からもどんどんチャレンジしていく」と園田。簡単な相手ではないが、常に勝利を狙う姿勢を保ち、 90分間に臨む構えだ。ゴールデンウィーク 3連戦の初戦。勢いに乗っていくためにも、大きな意味を持つ一戦だ。一丸となって闘い抜き、ホームで勝利の喜びを爆発させよう!