NEWS

ニュース

3月31日(日)INAC神戸レオネッサ戦 マッチプレビュー

2019.03.30ホームゲーム


アルビレックス新潟レディースは今節、ホームで INAC神戸レオネッサを迎え撃つ。新潟は開幕から 2連勝を挙げているが、いずれもスコアは 1-0。緊張感は絶えず流れており、慢心は一切ない。相手が強豪の I神戸ということであればなおさらだろう。今回も気を引き締めて、勝点 3を狙うのみ。前節決勝ゴールを挙げた FW大石沙弥香も、「 3連勝は意識せず、純粋に勝ちたいという気持ちを強く持って戦いたい」とぶれない視線で語っていた。
 

I神戸は現在 11分の 4位。前節こそスコアレスドローに終わったものの、エース FW岩渕真奈を中心とした攻撃陣は迫力十分だ。開幕戦で鮮烈なゴールを決めた MF八坂芽依も、古巣との対決に大いに燃えているだろう。強敵を迎える一戦を前に、奥山監督はこれまでの 2戦と同様「まずは守備から」と強調。キャンプから積み重ねてきた守備の鍛錬の成果を、チーム全員が表現できるかが勝利への大きなカギとなる。
 

個人能力の高さはリーグ屈指の相手だが、「失点ゼロで抑えたい」と意気込むのは DFイヒョギョン。開幕スタメンを勝ち取った今季、強靭なコンタクトと熱いファイティングスピリットで、早々から存在感を見せてくれている。対人の勝負はもちろんだが、カバーリングの責任感も強く、「みんなが 1.5人分、 2人分頑張る気持ちでプレーすれば、 11人以上の力を出せる」。相手の前線に構えるタレントに、仕事をさせるつもりはない。最終ラインで力を出し尽くし、チームを支える決意だ。
 
I神戸戦はデンカビッグスワンスタジアムで明日 13時キックオフ。簡単なゲームではないが、一丸となって乗り越えることができれば、チームにさらに大きな自信がもたらされるはずだ。サポーターの大声援も、選手たちの大きな力となる。スタジアムで共に闘い、勝利の瞬間を迎えよう!!