NEWS

ニュース

上越市立春日新田小学校を訪問

2019.03.07NEWS

3月 7日(木)に新潟県サッカー協会のサポートのもと、上越市立春日新田小学校を訪問しました。春日新田小学校は、直江津東地域にあり、「地域を愛し、自立と共生ができ、未来を創る子ども」を育成すべく、地域・学校・家庭で協力し、こどもたちの日々が充実したものになるよう、努めている学校です。 
 
問したのは、川村優理選手、上尾野辺めぐみ選手、イ ヒョギョン選手、奥山達之監督、佐々木友昭コーチ。また、今回のご訪問実現に尽力いただいた新潟県サッカー協会の佐野女子委員長、大倉 4種委員長、石川普及コーディネーター、そして上越教育大学の榊原教授も同席してくださいました。
午前中は、 6年生のキャリア教育の授業。これまでさまざまな職業の方の話を聞いてきたそうですが、スポーツ選手の話は聞けていなかったとのこと、私たちが学校訪問にチャレンジしたいという話とマッチングしたため、卒業前最後のキャリア教育授業の時間をいただくことになりました。
 
レディースチームのこと、サッカーの試合ではさまざまな職業の人がお手伝いしてくれていることに触れながら、 3選手からそれぞれ、サッカーをはじめたきっかけやうれしかったこと、つらかったことなど、そしてなぜサッカー選手になれたと思うかなどをお話させていただきました。
 
その後、 6年生と一緒に給食を食べたり、サインをしたりと限られた時間ではありましたが、笑顔あふれる交流となりました。
昼休みは約 400名の全校生徒が体育館に集まり、各学年対レディースチームでゲームを行いました。最後には全校生徒と一緒に写真撮影。ハイタッチでお別れしました。
 
今回の訪問により、春日新田小学校のみなさんが、少しでもサッカーに興味を持ち、なりたい職業を見つけるきっかけとなればと思っています。春日新田小学校の皆様、今回はありがとうございました!
 
引き続き、学校訪問やクリニックなどを通じて、笑顔の交換を行っていきたいと思います。