GAME

試合日程・結果

試合結果

2019プレナスなでしこリーグカップ1部 第7節

2019年06月23日(日) 13:00キックオフ 会場:新潟市陸上競技場

アルビレックス新潟レディース
1 1 前 0 1
0 後 1
ノジマステラ神奈川相模原
公式記録はこちら
試合映像はこちら

監督コメント

奥山達之監督

立ち上がりのところでチームとして強くゴールに迫ろうという気持ちで試合に入った中で、いい時間帯に先制点が取れました。ただ、後半は相手を勢いづかせるような、こちらの甘さが出てしまって、最終的には押し込まれる形になってしまいました。奪ったボールを大事にしようということはやっていましたが、まだまだ良い時と悪い時の差があります。そこは反省点だと思っています。
 
(甘さの出た部分とは)前半にできていた距離感や寄せの部分が、後半は数センチ足りなかったり、我慢できずに足を出してしまうところがありました。
 
ただ、守備の部分について全体的に言えば、ある程度安定してやれるようになっています。もっと効率よくやろうと言えばキリがないですが、選手たちが今できる範囲での堅い守備はしっかりできています。そこから攻撃につなげるところが今の課題ですが、よくやってくれていると思います。
 
60分できていたものを、次の試合は70分、80分にしようと、いつも選手には伝えています。もしかするとまだ90分に到達できていないのが現状かもしれませんが、選手たちは確実に伸びています。そこは自信を持ってほしいと思っています。
 
戦列を離れていた選手もだんだんと戻ってきて、選手層は厚くなっています。そういった意味では、(メンバーを選ぶのが)悩ましい状況になっているのは嬉しいです。

選手コメント

阪口萌乃選手

(得点場面は)パスを受けたとき、少し後ろにボールが入ってしまったが、そこからうまく前に持ち出すことができた。キーパーも見えていたので、あとは決めるだけだった。
 
前半はサイドチェンジを多く使えていたが、後半はずっと押し込まれる時間が続いてしまった。厳しい展開を自分たちで立て直せなくて、結局追いつかれてしまった。もったいない試合だった。
 
もっと相手を揺さぶりたかったが、落ち着く時間をあまり作れなかったのは、自分たちの課題だと思う。無理に仕掛けてボールを奪われてしまう場面もあった。マイボールになったときに、しっかり落ち着いて自分たちの時間を作らないといけない。
 
ボールを受けて散らしたり、サイドチェンジを使ったりというところでは、自分の役割を果たせる場面が増えてきた感覚はある。今回点を取れたのも、それがあったからだと思う。最後もチャンスを作れたし、攻撃に関わる場面をもっと増やしていきたい。
 
(グループリーグは残り2試合)いい内容を求めるのもそうだが、勝ち切ることにこだわらないといけない。絶対に勝つという気持ちで戦いたい。
 
 

中村楓選手

失点の前後の場面は、チーム全体としてすごくバタバタしてしまった。はっきりしたプレーをして、落ち着かせないといけなかった。クリアをするにしても、相手を裏返すようなクリアをして、ディフェンス陣が周りを引っ張っていけるようになれればいい。
 
(コンディションは)試合を重ねるごとに上がってきている。ただ、失点の場面も含めて、まだまだの部分もある。ラインを下げるときのステップだったり、判断の質ももっと良くしていきたい。コンディションも上げながら、チームの状態も高めていければいい。
 
早い段階で点を取っても、今回のように追いつかれてしまうのは課題。追加点を取ることもそうだが、ディフェンスでも90分間最後まで粘り強く戦えるようになっていきたい。
 
 

松原志歩選手

(右SBで先発出場)ドリブルでサイドを突破される回数は少なかったと思うが、何度か自分の後ろに相手に走られてしまう場面があった。もっとヒョギョンともうまく連携して、その回数を減らすようにしたい。あとは、もっと多く攻撃参加をできるようにしたい。
 
(右サイドで縦関係となった)瑞貴には自由にプレーしてほしかったので、自分がおとりになるような動きを意識するようにしていた。ただ、自分がクロスを上げられるところでは、もっと簡単に上げてもよかったと思う
 
最後は相手が簡単にロングボールを蹴ってくるようになった。そこでリズムが崩れてしまった。中央でフリーで持たれるシーンが何回かあって、そこから崩されてしまうようになった。前に強く行くことを意識していたが、その分後ろを取られてしまった。
 
チャンスも作れていたし、今日は勝てる試合だった。2点目、3点目を取れていれば、試合運びも変わっていたと思う。これまでも勝てる試合も引き分けにしてしまって、勝ち点を落としてしまっている。チャンスで決めきれるかどうかが、上位行けるかどうかの差だと思う。
 
チームみんなでタイトルを狙っているからこそ、決勝トーナメントへ行かないと話にならない。まずは残りの2試合を勝ち切りたい。(次戦まで)2週間空くので、この期間を大事にしたい。
 
 

高橋智子選手

前半から厳しい状況が続いていた。自分たちのミスもあったし、試合運びはもっともっと修正していかないと、今後の試合は厳しくなってくる。
 
(失点場面は)クリアの判断や味方の連携でミスがあり、自分の目の前にボールがこぼれてきた。相手からすると前向きの位置にボールが転がってきて、そこを詰められてしまった。ゴール前で誰が行くのかというのもそうだし、自分のポジションも含めて修正していかないといけない。
 
流れが良くなかった状況での失点というのは、チームとしてつらかった。ただ、そこを乗り越えていかないと、勝っていけない。もっと全員で引き締めてやっていきたい。
 
(全体的には良い守備ができていたようにも思えるが?)声を掛け合いながら、コンパクトさ保ってやれていると思う。良かった部分は今後も継続していきたい。
 
失点する前の10分間はきつい状態になってしまい、なかなか自分たちで流れを変えられなかった。つなぐところ、割り切るところの判断をもっと良くしていかないといけない。そこは自分も含めて、チームで磨いていく必要がある。